忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

女性


ブログを色々見ていて気付いたのですが、ブログをやっている人って、「女性」が多いですね^^。芸能人の方もそうですが、女性の割合が多いと思います。アメーバブログでの話ですがね。なぜブログ利用者の多くは女性なのだろう・・・。スマートフォンが普及したからという理由を上げている人もいましたが、それなら男性にも当てはまると思うのですが・・・。女性は依存しやすいからかな?。ブログの内容も、事細かに書いている人が多いです^^。写真なども多いですし、写真の撮り方も工夫している方が多くて、とてもキレイで見やすい写真が多いです。綺麗な写真はもちろんの事、訪問者が求めているであろうモノ、コトが分かっているのです。価格、その店のホームページ、住所、地図なども載せてくれていて、店のホームページのリンクをクリックしなくても、そのお店のデータが分かるようになっているのもいいのだと思います^^。一目で一瞬で分かる方がありがたいです。

SEO目的URLとコンバージョン目的URLの違い。SEO集客UPと受注UPの両立

東京池袋の退行催眠サービス
退行催眠

オリジナル部分・コンテンツにキーワードを十分記述するとSEO効果大
ホストクラブやキャバクラサイトのSEO(コンサル+被リンク対策)も可能
両サイト(複数サイト)で記述が重複すると危険な箇所。Title重複は?
「不動の1位表示」「不動の上位表示」を達成する方法やり方・SEO対策流れ
記事投稿を1つのブログに「一点集中」させYahoo(=Google)での評価を高める
キーワードのSEO難易度は何で決まる?上位表示までに要する期間は?
一過性一時的な順位ダウン順位落ちを気にしていてはSEO対策はできず
コンサルタンツの武器はコンサルティング。被リンク対策Setで1位表示
被リンクを外さない契約のSEOサービス。「被リンク解除の例外規定」
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
賢い検索エンジンGoogleで上位表示迄に必要な期間。ビッグキーワード
名サイト管理者ほどSEO・SEMの大局判断誤ら無い。大局の正情報把握が命
順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略
PR

MVNO


「MVNO」。初めて目にして気になった言葉です。MobileVirtualNetWork。日本語に訳すと「仮想移動体通信業者」だそうです。MVNOとは、他の会社の回線を借りた通信サービス。NTTどこも、ソフトバンクモバイルの通信キャリアの回線を一部買い、それを販売するとのこと。となると、、本来のNTTドコモやソフトバンクモバイルの回線が減ってしまうということ?。そしたら遅くなってしまうんじゃないの?!。MVNOはいいかもしれないけど・・・。どうなんだこれは・・・。昨日だってauが不具合が起きていて、今朝になってもまだ完全復旧しているわけではなさそうでしたし。auは確かイーモバイルの回線を使っているのではなかったでしたっけ?。イーモバイル最近電波状況良くなかったですもん。このMVNOは、必要な時だけ利用できるそうです。SIMカードを利用して。MVNOを使うならdocomo端末がうってつけのようですがなぜだ?。

池袋カウンセリング

関連性有る(関連性高い)記事に被リンク設置不要。関連言及は効果大
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
旧ツイッターウィジェット終了。新ウィジェットに切り替え完了。ハブサイトとして今後もツイッター重視
「質の低い被リンク」が数千数万と付けばマイナス評価もそれだけ大きく
「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
Googleページランクの更新
発リンクよりも被リンクの方が検索順位に大きな影響与える
短期間結果が出てそれで終わるのが中小検索エンジン登録代行サービス
Yahoo!検索アルゴリズムUpdateとYahoo!検索Index Updateの違い。米YSTとの比較
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
重複コンテンツ放置によりWebサイトに齎されるSEO集客「不利益」2つ
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
リンク元は御客様自身で確認。被リンクチェックツールで被リンク検索
もう少しで分散したメインSEOブログ群の完全引越し(集中)が完了。脱SNS、ブログ集中の独自路線
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可

政党


LINE株式会社が、全政党にLINE公式やアカウントを無償提供すると産経新聞の記事がありました。ネット選挙を解禁する法案が可決。成立しそうということで、ネット関連の企業の動きも色々出てきましたし、あわただしくなってきていますね。でもうち的には、KINEをやっている政党には票を入れたくない。SNSをやっている暇があったら他にもやることがあるのだからそちらに力を入れる時間を割いてほしいですもん。まぁSNSを本人がやるかはわかりませんがね。秘書の方のお仕事かもしれませんし。ブログで情報発信するのは分かりますし、支持できますが、LINEは情報発信に最適かと言われれば、最適ではないと思っています。twitterやFacebookの利用も、ブログを更新した時にお知らせをするという役割を担ってくれますので、それはそれで利用価値があります。アメーバブログでもそのような使い方をしているユーザーもいますからね^^。使い方にもよりますが。

SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に
コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい
ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない
SEO対策は「検索エンジン集客に向いた媒体、ブログ・HP等」で行う。SNSはSEO集客に向か無い
Yahoo(=Google)検索は更新URLに対して得点を一時的に与える。ブログの定期更新はSEO対策になる
キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
競争相手が弱く少ないキーワード早く順位上がる。競合強く多いと遅く
SEO対策中に社会問題化したキーワードでのサービス継続利用は御断り
「迷ったら動かない」(やり方を変えない)。SEO・被リンク対策の鉄則
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い
Googleアルゴリズムの特徴。特徴に沿ったコンテンツと被リンクは効く
キャバクラ系とアダルト系のSEO対策。キャバは全部、18禁は一部対応可