忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

政党


LINE株式会社が、全政党にLINE公式やアカウントを無償提供すると産経新聞の記事がありました。ネット選挙を解禁する法案が可決。成立しそうということで、ネット関連の企業の動きも色々出てきましたし、あわただしくなってきていますね。でもうち的には、KINEをやっている政党には票を入れたくない。SNSをやっている暇があったら他にもやることがあるのだからそちらに力を入れる時間を割いてほしいですもん。まぁSNSを本人がやるかはわかりませんがね。秘書の方のお仕事かもしれませんし。ブログで情報発信するのは分かりますし、支持できますが、LINEは情報発信に最適かと言われれば、最適ではないと思っています。twitterやFacebookの利用も、ブログを更新した時にお知らせをするという役割を担ってくれますので、それはそれで利用価値があります。アメーバブログでもそのような使い方をしているユーザーもいますからね^^。使い方にもよりますが。

SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に
コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい
ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない
SEO対策は「検索エンジン集客に向いた媒体、ブログ・HP等」で行う。SNSはSEO集客に向か無い
Yahoo(=Google)検索は更新URLに対して得点を一時的に与える。ブログの定期更新はSEO対策になる
キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
競争相手が弱く少ないキーワード早く順位上がる。競合強く多いと遅く
SEO対策中に社会問題化したキーワードでのサービス継続利用は御断り
「迷ったら動かない」(やり方を変えない)。SEO・被リンク対策の鉄則
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い
Googleアルゴリズムの特徴。特徴に沿ったコンテンツと被リンクは効く
キャバクラ系とアダルト系のSEO対策。キャバは全部、18禁は一部対応可
PR